ハイヤードライバーと他業種の異なる部分とは

ハイヤードライバーと他業種の異なる部分とは

subpage1

ハイヤーは企業などが定期契約をしているタクシーのことで、決まった乗客が乗ることから、絶えずお客さんを探す必要がありません。

日々道路を流しているタクシードライバーにとっては羨ましく思える業種ですが、トラックなども含めて一般のドライバーとは異なった資質が必要とされます。

ハイヤーの利用は企業が中心になりますので、その企業の役員などを毎日のように乗せることになります。
頻繁に行く場所も決まっており、タイミングも一定している場合は行き先を聞くこともなく目的地へ行かなければなりません。
その目的地が数件であれば問題はありませんが、場合によってはかなり多くの行き先を把握し、利用するお客さんに合わせて臨機応変に対応する必要があります。

予約が被った際の対応や、この時間までに戻って次のお客さんを乗せるというマネジメントの能力も問われるでしょう。

また、ハイヤーは社外の方を乗せることもあります。
社外の人にとってはハイヤードライバーもその会社の従業員であり、ドライバーの態度や技術如何によっては会社への評価を下げてしまう可能性もあるのです。

自動車の運転だけでなく、対人スキルが問われます。

ハイヤーのドライバー情報を簡単に調べられます。

そのため、運転手一筋という方よりは、営業職の経験がある方や、一般的なサラリーマンを長く経験している人の方が仕事の内容に馴染みやすいと言われています。



それでもドライバー全体が人手不足の状況にありますので、決して狭き門と言うわけではないでしょう。



社会の事柄

subpage2

ハイヤーのドライバーが注意すべき事は、顧客に対して常に行き届いたサービスを提供することを忘れないことです。一般的な運転手の仕事は安全を常に心がけて作業を行えば良いのですが、ハイヤーの場合には顧客に満足を与えることが重要な要素であるため、常に顧客を満足させることを念頭に置いて業務を行わなければなりません。...

more

予備知識!

subpage3

リムジンには日本では2つの意味があります。そもそもリムジンはもともとはドイツ語でセダンの意味ですが、日本ではいわゆるハイヤーやまたは直接、乗務員を雇って運転させる高級大型車を指すものと、また特定の区間を連絡するバスや大型のバンで都市と空港を結ぶバスなどを指すケースです。...

more

対策方法

subpage4

リムジンの乗務員になるためには、運転の技術のほかに接客のスキルを十分に持っていることが必要な条件となります。その理由は日本におけるリムジンの利用はそのほとんどがイベントなどで高級感を味わいたい顧客に対してのサービスが主流となるためです。...

more

最新考察

subpage5

都市部での移動手段としては、バスや電車が主に利用されています。また、地方の移動手段には、自家用車が頻繁に使用されます。...

more