格安スマホに加入して毎月の携帯代を節約する

subpage01

家族で通話付きのスマートフォンを契約していると1万円以上になっているのが当たり前ですが、最近注目を集めている格安スマホに変更すれば、3人家族の場合は5千円以下で抑える事も可能です。


大手携帯電話のプランは、定額制通話・パケット基本料・高速データ通信(シェア回線は通話基本料(または定額通話料)・パケット基本料・シェアオプション料)の体系で、格安スマホの場合は700円の音声基本料・千円前後からの高速データ通信料金のみとなっている(サブ回線は音声基本料+シェアオプション料金)ので、わかりやすくお得な料金設定と言えます。



高速データ通信が使える音声通話に加入する場合の注意点としては、格安スマホ事業者は6か月か12か月の最短利用期間を設けているので、期間以内に解約した場合は事業者が設定している違約金を支払う事になります。



なお、データ通信に関しては多くの業者が最短利用期間を設けておりません。

最近では、2年継続利用や3年継続利用で契約した端末で加入すると、大幅に端末料金が引かれるキャンペーンを行っている事業者も登場しており、最新のハイスペックスマホを使いたい場合は、このキャンペーンを使っておくと良いでしょう。

格安スマホで契約したSIMカードは、以前に使っていた端末を継続して使う事も可能で、ドコモの回線を借りて通信網を提供している事業者の場合は、ドコモの端末をそのまま使えます。他社の端末を使っていた場合は、SIMロック解除を行えば使える事が多いので、大手携帯電話会社のショップに出向いて手数料を支払えば解除作業を行ってくれます。