リムジンの種類と乗務員に求められるスキルは - ハイヤードライバーと他業種の異なる部分とは

リムジンの種類と乗務員に求められるスキルは

subpage1

リムジンには日本では2つの意味があります。そもそもリムジンはもともとはドイツ語でセダンの意味ですが、日本ではいわゆるハイヤーやまたは直接、乗務員を雇って運転させる高級大型車を指すものと、また特定の区間を連絡するバスや大型のバンで都市と空港を結ぶバスなどを指すケースです。一般的にリムジンといえばハイヤーなどでも、改造されて後部座席がより快適に過ごせるようにしたものがイメージされます。このような車両は個人でも購入することができますが車体が延長されているものもあって、大型乗用車よりも長いため乗務員にはそれらの特性を理解して運転するスキルが求められます。

リムジンの乗務員について考察してみましょう。

またリムジンバスは大型バスが使われることがほとんどです。どちらの乗務員にもその車を運転できる運転免許証が必要ですし、対価を得て人を運ぶ仕事ですから第二種免許である必要があります。



このため乗務員には少なくともマイクロバス程度の車をスムーズに運転することができることが求められますし、バスであれば大型バスの運転に慣れていることが求められます。



ハイヤーなどで車両としては以前はセダンタイプのものが中心でしたが、現在は乗り降りがしやすくするためにバンタイプやSUVタイプの車も用意されるようになっています。

一方でバスの場合には都市間を行き来するさいに使われるバスが利用されています。
リムジンの乗務員の多くは時間通りの勤務となっており、固定給なので給与も安定しています。